News

文字塾展 第四期 14人のかな書体「こんなにたのしくていいのかな」

メンバー松村が参加している書体設計士 鳥海修氏主催の文字塾の展示が開催されます。
1年をかけて、明朝体のかな書体をつくりました。
文字に興味のある方やフォントを使う方に見てもらいたい展示です。

松村が作成したのは都市フォントという構想で「しまなみ」という書体。
毛筆の肉筆感を残した、見出しにも本文にも使えるオーソドックスな明朝体を目指しました。

14名の塾生の書体展示のほか、制作過程がわかるファイルも展示します。作品を集めた小冊子も用意しています。
初日には、トークイベントもあります。(申込制※定員いっぱいで締め切りました)

会期:6月5日(日)〜6月11日(土)
時間:12:00〜19:00(初日15:00まで、最終日17:00まで)
場所:人形町ヴィジョンズ(東京都中央区)

文字塾展 第四期 14人のかな書体「こんなにたのしくていいのかな」